カレー日和

原価率

原価率
安い店多すぎ。

通常レストランの原価率は25%~30%が優良店と言われる。つまり材料の仕入れ値の3~4倍の値段を付けて売っているのだが、これだけ聞くと随分楽な商売と思われるかもしれない。しかし、実際はその他の経費を引いて5%~10%しか利益にならない。
だから原価率を下げるようにいろいろと努力をしているのだが、他の店との差別化で集客を考えた場合値段を下げるのが一番効果的だ。
つまり、値段の安い(原価率の高い)商品を目玉にして集客して、他の商品で原価率のバランスを取る戦略だ。インド料理屋なんかはドリンクが安く原価率は高いが、料理の原価率はかなり低いと考えられる。

すぐ近所の中華料理店がかなり安い値段設定で入っているので、次の夜メニュー変更では値段設定をちょっと変えてみるつもりだ。

コメントする